事業資金を借りるときの審査

事業資金を借りるとき、個人向けのキャッシングよりも多くの書類の提出を求められます。

 

個人向けキャッシングの審査も近年では厳しくなってきています。たとえば、健康保険証は身分証明書として十分ではなく、住民票などとセットで提出しなければなりません。基本的には顔つきの身分証明書でなくてはならなくなっています。顔がついていなくても2点以上で認められることもあります。

 

事業資金融資の場合には、事業の証明書や収入を証明する書類の提出などが必要になります。最近では架空の会社を立ち上げて怪しいビジネスをはじめるような会社に対して警戒がされており、事業の確認はしっかりとされるようです。インターネットに簡単でもよいので公式のサイトを立ち上げておくと信用があがるでしょう。

 

消費者金融で借りるか、銀行で借りるかということも重要です。銀行の事業資金融資は金利が低いですが、審査はとても厳しいです。黒字であることはもちろん、最低でも3年くらいは事業を継続していないと厳しいでしょう。消費者金融では審査が銀行に比べると通りやすく、担保も必要ないというメリットがあります。銀行の事業資金融資の審査に通れば一番ですが、消費者金融も選択枝にいれてみましょう。