事業資金を調達する方法

事業資金を調達する方法で十分な時間の余裕がある場合には公的融資を受けるのが適しています。

 

金利が非常に低くなっているのが特徴で、審査は厳しく提出する書類の数も多いので手間がかかりますが、既に事業を行っている企業向けだけでなく、これから開業する、または開業直後の企業や、一度廃業してから再挑戦する場合など用途に分かれた融資があるので、銀行の審査に落ちる人でも通る可能性があります。

 

銀行のビジネスローンで事業資金を調達する場合、業績が赤字になっていたり、税金を滞納していると審査に通さないところが多いです。消費者金融などを利用するのであれば審査は通りやすくなりますが、金利が高く限度額の上限も低くなるデメリットがあります。

 

貸し物件ではなく、所有している不動産で事業を行うのであれば、不動産担保ローンを使って事業資金を調達することもできます。貸し倒れのリスクが抑えられるので高額の融資を受けやすくなる特徴があり、金利も低く、返済期間も長くできるなどメリットが多いです。

 

なお、利用先を検討する際には手数料も含めた実質の金利を把握する必要があります。高い手数料がかかるものもあり、見かけの金利で決めてしまうと損することもあります。